頸椎の5番、6番の中をくりぬいて繋ぐ手術を

2010.11.11発行

━━━━━━━━

こんにちは。
健康塾の岡田です。

立ち止まっていませんか?

一昨年のリーマンショックはどの業界に震撼が走りました。
施術業界でも当面まともに受けたのではないですか?

私もそれまで、のほほ~んっと経営してたあおりで、2ヶ月ほどガタっと来ました。
で、その後すべてのことを見直して、現在はリーマンショックの時より約30%ほど
業務を盛況にしました。

一番に何をしたか。。。。

「マインドセット」です。
「マインドセット」って?

一言で言うと意識改革です。

まず自分のあり方を、利己から利他へ転換したことです。

という事で今月の宿題です。

スタッフの教育なとでコンサルする時、よくオーナーさんに相談されるのが、
「内のスタッフね、トークも悪くないんですが、リピートが取れないんですよ」
という内容です。

もちろんこれは個人店でも悩んでいる方もおられるのではないですか?

クライアントと話をする時にまず必要なことは、質問力です。
これは以前「TSPの会」でもテーマとしてお話しましたね。

しっかり質問して相手のニーズを引き出すことです。
このニーズを掴めないと相手と共感することはできません。
でも、これだけではリピーターになっていただけないのです。

必要なことは「ウォンツ」何です。

「必要」ということだけでクライアントさんに訴えるだけでは弱いんです。
「欲しい」という感情に訴えることが必要です。
では、そのウォンツを見つけるのに必要なことは・・・。

さて、今月の宿題です。

次の●にはいる言葉は?

ウォンツを見つけるためにする質問(情報収集)とは、
「クライアントが求めている●」と
「クライアントが解決したい●●」を聞き出す。

今月は簡単ですね。
また答えを送ってください。(名前を書いてくださいね)

INからOUTです。

【11月のTSPの会】
11月16日(火)18時から

「今月のテーマは潜在意識に訴えるです。」

それと後半はいつものように
ホットシート形式のグループコンサルです。
ホームページのコンサルもします。
グーグルランク5のページからリンクを無料でもらう方法です。
グーグルランクの高いページからリンクをもらうことは
SEO効果にとても有効です。

ご参加の方は資料の用意の関係上、事前にご連絡ください。
(10名まで)
開催場所はいつもと同じく健康塾です。
18時から始めますので5分ぐらい前にお入りください。

参加費は健康塾の在校生・卒業生は500円。
ホリスティック医学協会の会員または総合整体師会の在・卒業生は2000円、
一般の方は3000円です。

遠方の方はスカイプでの参加は会員の方のみです。
申し訳ございませんが前回より
直接参加の方と同じように500円をいただきます。

詳しくは
http://www.shinyu-seitai.com/seminar.html
をご覧ください。

それでは
来週お会いできるのを楽しみにいたしております。

【TMS理論について】
「TMSジャパン」http://www.tms-japan.org/ をご覧ください。

昨日の続き。
自分の体の異変に気が付いたのは、ある風呂上りに鏡を見ていた
ときでした。

広背筋(脇の下の背中側にある筋肉)の大きさが左右違うのです。

調べてみる上腕三頭筋もボリュームが違います。

そういえばここ数年ずっと手の痺れがあり、心配になって整形外科
に行きました。

X線では特に異常無しなのですが、私は納得いかないので(職業柄)、
脳神経内科に行きMRIの検査をしてもらいました。

その結果は頸椎の5番、6番に骨棘ができておりそれが脊髄神経を圧迫
してました。

脱神経を起こし筋肉の萎縮が起こっているということで、
6割から7割は手術だと診断が出ました。

さらに筋電位などの精密検査をして、
手術部位特定のミエログラフィー検査の後、
手術という運びになっていました。(前回の話し)

私は、症状には必ず原因があるという持論の基、
もう一度自分の生活を見直し、自分で治す方法を模索し始めました。

そして、このTMS理論にたどり着き、
この理論を信じて実践していきました。

数冊の書籍と、患者向けの講座と治療家向けの講座を両方研究し、
自分なりの結論にいたり、現在も手術にすんでいます。

完治しているわけでも骨棘がなくなったわけでもありません。

しかし7年前の最悪の状態を10としたら、
今は2から3で日常生活に支障はありません。

もしあの時、TMS理論に出会ってなかったら多分ドクターの進めたとおり、
手術をしていたでしょう。

頸椎の5番、6番の中をくりぬいて繋ぐ手術を。

(続く)

タイトルとURLをコピーしました